海中トピックス・水温

三宅島では4月から11月までダイビングを楽しむことができます。黒潮がもたらす、とてもすばらしく碧い海「三宅ブルー」をぜひ体験してください。水温も高めで、透明度もよく、魚影が濃いのが特長です。シーズンを通してみると、また違った海の表情が楽しめます。
三宅島の海では、約600種類以上の海水魚、約90種類のサンゴ群を見ることができます。

三宅島の気温は関東地方とほぼ同じですが、少し温暖です。水温は、黒潮の恩恵でシーズン中は暖かいことが多くなっています。

三宅島の水温・気温・ウェットスーツ

三宅島の水温とウェットスーツ目安です。春先は5mmウェットスーツですと若干寒い可能性がありますのでフードベストや寒がりの方はドライスーツやロクハンのほうがよいでしょう。 夏~秋は黒潮が当たれば5mmウェットスーツ、8月は3mmウェットスーツでよい場合もあります。

4月・5月

この時期は約半年海をお休みしていたので珊瑚もイルカさん達も元気いっぱい。イルカさんは遊んでほしくてアピール満点です。海の中はアオリイカの産卵床を入れるのでうまくいけば伊豆のアオリイカよりひとまわり以上大きな「アオリイカの産卵ショー」が見られると思います。更にレア度の高いコロザメも見ることができるでしょう。

水温・コンディション ウェットスーツ目安 イベント
4月水温:17-20℃
5月水温:18-23℃
透明度:10-20m
5mmウェットスーツ+3mmフードベストまたは ドライスーツ・ロクハン 三宅島の春は、4ヶ月間のお休みを経てお魚天国が広がります。

6月

期間限定メガネ岩開放!半年以上休ませ魚影も壮大な地形も一度に楽しめる贅沢な海です。三宅島自慢の磯汁も美味しい!アオリイカの産卵もピーク。

水温・コンディション ウェットスーツ目安 イベント
水温:20-25℃
透明度:15~25m
5mmウェットスーツ+3mmフードベスト 期間限定ポイント「めがね岩」開放

7・8月

ドルフィンスイム最盛期です。赤ちゃんイルカもやんちゃな年頃。遊びたくてしょうがない感じです。マクロも徐々に充実。ヤシャハゼやネジリンボウなどアイドルが増えてきます。回遊魚もまわり始めヒレナガカンパチも多くなってきます。

水温・コンディション ウェットスーツ目安 イベント
7月水温:22-29℃
8月水温:24-30℃
透明度:15~30m
5mmウェットスーツ ドルフィンスイムもダイビングもベストシーズン!

9月

ダイビング最盛期。水温・透明度ともに最高で三宅ブルーが堪能できます。季節来遊魚達やカエルアンコウの幼魚、ツムブリなどの回遊魚も群れを成してやって来ます。

水温・コンディション ウェットスーツ目安 イベント
水温:25-29℃
透明度:15~40m
5mmウェットスーツ 季節来遊漁

10月

今年最後のメガネ岩。透明度抜群、雄大な地形、アーチが堪能できます。季節来遊魚、クマドリカエルアンコウやミヤケテグリ達が多くなり、レア物のニシキフウライウオなども現れることもあります。

水温・コンディション ウェットスーツ目安 イベント
水温:22-27℃
透明度:15~30m
5mmウェットスーツ 期間限定ポイント「めがね岩」開放

11月

シーズンもラストスパートとなりますが、ドルフィンスイムも15日までとイルカさん達に癒してもらい、よいお年をお迎えください。海の中は水温は黒潮が当たればまだまだ暖かく快適。引き続き多くの魚達が待っています。

水温・コンディション ウェットスーツ目安 イベント
水温:18-23℃
透明度:10~20m
5mmウェットスーツ+3mmフードベストまたは ドライスーツ・ロクハン シーズン最後となるイルカたちに会ってまた来年!

三宅島の海中トピックス

海のトピックス

ご予約・お申込み

ご利用が初めての方はご予約のながれキャンセルについてをご確認の上、お申し込みください。

ご予約・お問合せ
ご予約・お問合せ ご予約のながれ お問合せ ドルフィンスイム予約 ダイビング予約 お問合せ

はま日記

  • 公式ツイッター
  • べたなぎフェイスブック